この前埋めてダメ出しをくらった物干し下の木

その後オクサマは
「このままでいいよ」と
言ってくれてはいたが、もう逆に
自分が気になって直した。

NCM_0089.jpg
きっちりピッチリしないように少しずつ
スキマを開けて叩いて踏み固めていく。

スキマをあけるぶん木が少しグラグラしがちなので

NCM_0090.jpg
砂で目地を処理することにする。

NCM_0091.jpg
砂を押し込み、ホウキで処理をしていく。




P9022428.jpg
。。。て感じでできました。

P9022429.jpg
目地もこんな感じ。
秋口あたりから所々リュウノヒゲでも
植え込んでやろうかと思います。


オクサマの評価は「あ、いいね♪」と上々。
満足な気分で眺めながらビール飲んじゃいました(^-^;
スポンサーサイト
前に段取りしておいた物干しの下の木。

P8182321.jpg
置いているだけではクサイしグラグラするので
埋めて固定します。

P8182322.jpg
まずは木をどけて

P8182323.jpg
下をかるく掘り起こす。

P8182324_20110907102652.jpg
あとは木を配置して叩いて締め固める。
その後周囲を踏み固めて終了。を繰り返す。

P8182329.jpg
1時間くらいで終了。ガッチリしてイイ感じです。

P8182330.jpgP8182325.jpg
埋めると若干臭いが治まります。
水で表面を流してキレイにしたけど、そうすると
油が染み出て流れていく。そういえばたしかに軍手にも油がついてたなぁ。

完成に満足していたところにオクサマが帰宅。見るなり

「きっちりピッチリしすぎ」とのダメだし(>_<)


言われてみると確かに面白みがないかも。
わざとスキマ開けてリュウノヒゲとか植えつけたりもイイなぁ。


作業的には30分ちょっともやれば終わる見込みなので
涼しい日を見計らってとっかかります。
庭の飛び石(木)を埋めています。
前回防腐剤浸透材が足りなくなったので、

NCM_0028.jpg
まだ知り合いのところに残っていたのでもらってきました。

NCM_0029.jpg
もらっておいて文句じゃありませんけど
はっきり言って車内に積むと相当クサイです。


P8092312.jpg
セッセと運んで物干しの下に敷き詰めて配置を見る。
まぁまぁイイ感じでしょうか。



ですが今回もらい過ぎたようで、結構余った。













なので
















P8092314.jpg
庭から道路に出る飛び石(木)も埋めてみた。
砂利の中に埋めるとガッチリしますね。

P8092316.jpg
道路から見た感じは相当に良くなった。
施工して思ったのは歩きやすくてかなりイイです(自画自賛 ^-^)
庭の飛び石(木)を埋めます。
前回あらかた位置を決めていたので
微調整をして埋めます。

手順は、

土をちょっと掘り、少し土を起こす
  ↓
飛び石用の木を置いて配置を確認する
  ↓
置いた木の上から叩いて土を締め固める
  ↓
飛び石用の木の周囲に土を入れて、踏み固める
  ↓
  完成

以上を繰り返します。

が、施工した日に限って30℃オーバー。
汗だくです。なんて本州の人が聞いたら怒りますね(^-^;

そんなこんなで2日かかってできたのは

P8082307.jpgP8082308.jpg
とりあえずここまで。

オクサマの言うとおり3個一組にしたのが大正解。
雰囲気イイ感じです。

あとは
P8082309.jpg
この洗濯物干しの下の施工なのですけど、どうみても
木の数が足りない。またもらいに行かねば。

木、まだあるかなぁ。
昨年の夏にもらってきた防腐剤浸透材
オクサマと話しててそろそろ庭の飛び石(木)を
やろうということになった。

とは言ってもやるのはワタクシなのですが(笑)

P8062263.jpgP8062266.jpg
ざっと配置を検討する。

こんなもんかなぁと思いましたが、オクサマいわく
「3個で1ブロックにした方がいい」との意見をもらい、
それに従うことにする。

ちなみに手前で遊んでいるチビたちは
暑かったのでベビーバスに水を入れてやって
水遊びしているところ。もう夢中です。

















夢中すぎて
















P8062269.jpg
30分後にはこんな感じになっていた。
まぁ気持ちはわかる。もぅ暑いのなんのって。

P8062275.jpg
午前中そんな感じでやっていて、お昼になったので
伊達の武者祭りを見に行ってきた。
暑いけど、祭りはこーでないとねぇ。

P8062293.jpg
その晩には山車を見に行く。
すぐ飽きるかと思ってたらチビーズは
最後まで見てた。

夏!ってかんじの一日でした。