ワタシの好きな陶芸作家さんに、北海道の
共和町に住んでおられる水戸美鈴さんという方がいます。

以前水戸さんから購入した鉢に穴をあけてランタナを
植えていましたが、Facebookやらに盆栽ネタを掲載していると
水戸さんも関心があったようでたまにコメントを
くれていました。

ならば
P7201009_20130828072947e8a.jpg
せっかくなのでプレゼントしようかなと
思い、つくってみた。

P7201010_20130828072948ca8.jpg
綺麗に咲いたタイミングで
お届けしに行ってきました。

というのは、昨年だったかにご自宅横にギャラリーを
手作りされたようで、ずっと行ってみたかったのです。

ご本人はお盆でお忙しい所、快く時間を合わせて
ご自宅でお待ちしてくださいました。
ありがとうございました。m(_ _)m


挨拶もソコソコに、はやる気持ちを抑えられず
早速ギャラリーを拝見。
P8131323.jpg
こじんまりとした空間に、とても個性的な
作品が飾られていました。作家さんのギャラリーを
観るのは本当に楽しくて好きなのですが、正直ちょっと
水戸さんの作風は37歳(当時。9月8日現在は38歳になりました)の
ゴツい中年にはファンシーすぎて完全にアウェイな空気です。。。(^-^;

P8131321.jpg
ランプシェードがイイ感じでしたね~ 本人いわく
「ちょっと実用には暗いんですけどね」とか。

いえいえ、明るすぎない方がきっと雰囲気あるでしょう♪

P8131322.jpg
レース模様のフラットプレートもあったり。



お話ししながら盆栽を差し上げたら
とても喜んでいただけたのでホッとして(笑)、
ギャラリーの窓際に重ねて置いてあった
シンプルな器を購入させていただきました。

P8241434.jpg
この4個です。

P8241436.jpg
底を絞ったシャープなラインで好きですね。

P8241437.jpg
小鉢でしょうか。高台の形状がとても好きです。


結局、盆栽鉢に使うための目線でしか
見ていないんですけどね(笑)

なにかと忙しい時期のようで、
ご迷惑をおかけしてしまいました。

でもまた行きたいと思います♪
スポンサーサイト
唐突ですが盆栽の肥料について。

鉢の中で完結する植物であるという性質上、
肥料を定期的にあげなければなりません。
まぁ盆栽の場合はあげすぎも良くないそうですけど、
その辺のサジ加減はワタシにはまだワカラナイ。


なので適当に肥料をあげます。


今までは師匠に勧められたグリーンキングをあまり考えもせずに
あげていましたが、苔貼っちゃうと肥料焼けが気になる。


・・・で、これまた昨年あたりから検討していた
肥料コンテナを用いることにした。

P8082298.jpg
この肥料コンテナは結局通販で購入。
希望のカタチのヤツが北海道では見当たらなかった。

P8082299.jpg
ついでに玉肥も買った。

P8082300.jpg
まずは段取り。
肥料コンテナに玉肥をセットしていき、

P8082301.jpg
盆栽に刺していく。
ピンがあるからラクチンです。
基本的に肥料は鉢の端っこです。

P8082303.jpg
さて、刺したら水遣り。

P8082302.jpg
真夏に肥料ってのが素人の素人たるゆえんです(笑)
本当は花後が適期。ていうかその時期にやらないと
意味がないのかも・・・(-_-; まぁいいや。

かといって植え換え直後は良くないらしい。

師匠はグリーンキングを100均の
ティーバッグの袋に入れてやっていました。
その方が取り換えとか捨てたりするのに楽なのだとか。
コレはワタシもパクっており、大きい鉢とか
植え換えていない苗や養生中の苗だとかにはこの方法。

使い分ける必要も無いのでしょうが、まぁなんとなくです。
先日買った橋本忍さんの小さい器

使用目的は、そうです。アレです。







小品盆栽の鉢にしちゃいます。






・・・が、毎度のことながら作家の完成された作品に
素人が穴をあけるというそのバチアタリな行為に
二の足を踏みます。。。
























P6191946.jpg
なんて言いながら結局やっちまうワケなんですけどね(笑)

1個やるとノッてきちゃってまぁ作業が早いのなんの (^-^;



そしてノり過ぎたワタシは、





P6291983.jpg
数年前の江別やきもの市で共和町の陶芸家の
水戸美鈴さん
から購入した奉仕品の片口ボウルが目に付いて、、、
(これはワリとデカイうつわです)






で、これもやっちゃいました。(ノりすぎ ^-^;)



P6291984.jpgP6291985.jpg
鉢穴あけたら植えるために鉢底網をセット。
これでいつでも植え替え可能 b(^-^)



やっちゃったモンはしゃあないので、早いこと植え付けちゃいましょう。
ずうっと欲しかったものを最近一気に買っています。
何年かに1回こーいう買い物の衝動があるのです。。。

今回買ったのは如雨露
読めますか?ジョーロです。

ワタシの盆栽は小さいものが多く、ハスクチ(シャワー部分)の
穴がなるたけ小さいものでないと、用土や化粧砂が流れて
しまうのです。

それで去年あたりからずうっと目をつけていたのを
今回買いました。

P5141683.jpg
届きました。4リットル入るヤツだそうです。

P5141675.jpgP5141685.jpg
銅製で水の浄化作用もあるとか。

P5141679.jpg
このハスクチの目の細かさがポイント。

ちなみに
P5141682.jpg
給水時にゴミを除去するメッシュもついています。
コレが今回購入に至った第2のポイントです。
ウチは雨水を溜めていますが、それを使うので
このフィルターが必要不可欠なのです。

P5141677.jpg
写真撮ってると弟チビが寄ってきた。
大きさの見本にちょうどイイですね。

ただちょっと、、、
P5141678.jpg
このロウ付け部分がちょっと気に入らない。

ですので
P5241795.jpg
シュロ紐を巻いてみた。

P5241793.jpgP5241794.jpg
個人的にこの方がカッコイイと思う。

一生モノの如雨露です。
大切に使います。

あ、弟チビにゾウさんのジョーロを買ってやらねば(笑)
春先のこと。
札幌の陶芸家である杉田真紀さん
盆栽鉢をオーダーしていた。

・・・んだけどイロイロあって、いったんキャンセルして
初夏に再度依頼し、先々月の末くらいに出来上がりの連絡を頂き
受け取りに行きました。

P9150287.jpg
杉田さんのanticaシリーズで、鉢底穴をあけてもらいました♪
P9150288.jpg
マットな風合いで生成りの色。いわゆる「真っ白」ではなく
やさしい色合いです。

さて、最近自分の中で流行のランタナを植えてみました。
PA080391.jpgPA080386.jpg
ポット苗を出してみたらかなり凶暴というか
暴力的な直根がスゴく、その根を切ったところ
根が7~8割くらいなくなってしまった(笑)
なので葉もほとんど落としました。
若干寂しいですけど、その後新芽も花芽も
出てきてるから大丈夫です b(^-^)
鉢と苔と黒い化粧砂でイイ感じ♪

PA060397.jpg
おなじanticaのフラットな受け皿に置く。
PA060400.jpg
チビたちがいないときしか
こんなトコには飾れませんからね(笑)


PA090402.jpgPA090401.jpg
こちらはanticaのネイビー。
ヤマホロシ(ツルハナナス)を懸崖ふうに
仕立ててみました。ちなみにこの皿は杉田さんの
作品ではありません (・_・;

PA090408.jpg
う~ん、画面上でウマく色が再現できないなぁ。。。

PA060417.jpg
杉田さんの器は、とても上品な雰囲気があって
大好きで完全にファンであります。

また近いうちにお店に行こうかな。
っても金欠ですが(笑)