上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月末に挿し木にしていたヤツ
結果としては

成功:フジザクラ「御殿場」、カナシデ、ナンキンナナカマド、
    ヤマアジサイ「藍姫」。
失敗:フジザクラ「日の出」、イワシデ。

ちなみに他にも挿していたのですけど、
成功:ランタナ(「ひより」、斑入り他のあらゆる品種全部)
   ムラサキシキブ(コムラサキか?)

こんな感じです。挿してみた印象は
「成功するヤツは全部成功。失敗したヤツは全部失敗」
という雰囲気。
まぁ品種によって向き不向きがあるのでしょうね。

それで、今回挿して成功したヤツのうち
ヤマアジサイ以外をポット苗に植え替えた。
PA090394.jpg
タイミング的にはサイアクなのかもしれませんが、、、
まぁ今回もダメもとですからね (^-^;


こんなに増やしてどうすんだ!とも思いますけど、
小品盆栽用の苗って、北海道のカタイナカに住んでいる
ワタシの場合、近場で手に入れるのが極めて難しい。


結局自分で増やす方が早かったりしちゃうのです。(^-^;
スポンサーサイト
大好きな札幌の陶芸作家である橋本さんに、苔玉をつくって
差し上げることになり、着々と製作をすすめているところです。

橋本さんの作品はとても個性的で、シャープというかモダンというか
シルエットにとても緊張感があり、それでいて粉引き(皹化粧)が
手にしっとり馴染む。

そんな橋本さんの作品に「どんな苔玉が合うか」を考えて
つくってはいますけど、ご本人が気に入っていただけるかは。。。
と、ちょっと不安。

まぁ悩んでも始まらないので、自分のイメージを固めて
素材をそろえてつくっています。(^-^;


P6170299.jpg
昨年秋に近所のホームセンターで見切りで買った
購入時枯れかかってヘロヘロだったヤマモミジ。
だいぶ元気になりました。

カタチが気に入ったのと安すぎる値段から買いましたけど、
ワタシのコレクションにはちょっと大きすぎて
「どうつくろっかなぁ~」と思案していたところですが、
今回いい機会なのでつかってみることにした。

が、ちょっと葉がヘンなことに。。。

P6170300.jpg
葉に硬くて赤い斑点がプツプツができてた。

ハッキリ言ってキモチワルイ。

ヤバい!と思い早速師匠のもとに持っていって
相談してみたら、
「虫かなぁ?」とのこと。

二人で協議の結果、アヤシイ葉は全て切り落とし
スミソンを散布することにした。
まぁ普通にモミジは葉狩りもするし、異常のある葉を残しておいて
それが広がるよかマシだろということで。

P6170301.jpgP6170304.jpg
ところで師匠のお店に飾ってあったフジモドキ。
とてもキレイです。小さいのあったら欲しいなぁ。


P6170307.jpg
・・・で、葉を落としたヤマモミジ。ズイブン
さみしいフンイキになりましたけど、すぐに
葉が出てくるでしょ d(^-^)

さて、それとは別の鉢について剪定したものを
挿し木にすることにした。
ヤマアジサイの藍姫、富士桜の御殿場と日の出、
あとはカナシデとイワシデ、ナンキンナナカマドです。
P6160282.jpg
刺す前にメネデール希釈液を吸い上げさせます。

P6160284.jpgP6160283.jpg
挿し木用の土で刺し床を用意。あとメネデール
希釈液も用意して、

P6220332.jpg
刺し穂を刺して用土を押さえ、タップリ水をやって
日陰で管理します。
なんぼかついてくれればいいのですけどね。
御殿場と藍姫は欲しがる人多いからなぁ。

って絶対買った方が安いのですが(笑)
ウチのステレオスペルマムの盆栽。その後元気に
育っています。ただ元気すぎて妻いわく

「収拾がつかなくなっている」

状態だったので、剪定がてら挿し木に挑戦してみました。

タイミング的には最悪でしょうね。
まぁダメもとってコトで (^-^;

まず準備。
PB240125.jpg
今回ついでにランタナも挿し木に挑戦して、
シュガーバインのハイドロカルチャーも土植えにしてみることにしました。

ステレオ・ランタナの刺し床と、シュガーバインを
植え付ける土を用意。

PB240127.jpg
次にハイドロカルチャーに入れていたシュガーバインを抜く。
だいぶ発根しているんですけどね。どうもこれ以上伸びない。
やっぱりハイドロじゃぁ元気が弱いのでしょうか。

PB240129.jpg
チャッチャと植え付けてオシマイ。
ちなみに今回、土は赤玉の細粒のみにしてみました。

PB240128.jpg
ステレオスペルマム・ランタナも形を崩していた新芽を切り、
こちらもチャッと挿し木にして終了。もちろん刺す前に30分弱
メネデールの希釈液に漬けて水揚げさせました。

ステレオスペルマムについて調べましたが、剪定に
弱そうなフンイキがあります。時期も時期ですので、
剪定の切り口にはトップジンを塗っておきました。
コレで大丈夫だとイイのですが。

あとは半日陰かつチビの手の届かない(笑)玄関のカウンター上に置いて、
土を乾かさないようにしばらく様子を見ることにします。
先日は中秋の名月でしたが、ホントに一気に寒くなってきました。
このタイミングでは遅すぎるかもしれませんが、八重シキンカラマツ
植替え&株分けしました。


準備を終えて一気に行きます。
なぜならチビが昼寝している間が勝負だからです。(笑)
PA050216.jpg
まずは鉢から引き抜く。
・・・と言いたいところでしたけど、

抜けない。

去年植え替えたばかりなんですけどね。
鉢の形状的な問題なのかな?つまりそれだけ根がまわってる
証拠なんだろうと勝手に思い込み、植替え断行して正解だったなと
自分を元気付けます (^-^;

PA050219.jpg
抜けました。ビッシリではないですが、根がまわっています。

さて株分けする前に鉢の用意。
PA050220.jpg
今までの鉢と株分け培養用には以前ヤマアジサイの苗を
買ったときに入っていたプラスチックのものを使うことにした。
ゴロ土に火山レキをフルった粗いのを使い、用土を入れてゴロ土を隠す。
用土は赤玉土2:火山レキ1の混合土。細粒のものを混ぜます。

次に鉢から引っこ抜いたシキンカラマツを株分けします。
PA050221.jpg
丁寧にかつ迅速に土を落としていき、
PA050222.jpg
はさみで二つに切る。

そして
PA050224.jpg
切った株を鉢に入れ、用土を入れて割り箸で
根の間に突付き入れていきます。用土が減るので
さらに足して突付く。を繰り返し、

PA050227.jpg
ふた鉢が終了。あとは水を鉢底から透明な水が出てくるまで
タップリとやって、土の微塵を流して完成。

しばらくはメネデールの希釈液をやって、
10日くらい落ち着かせてから液肥をやって冬に備えます。
唐突ですが、ブログタイトルの変更を考えています。

理由は、
スローネタが少なく園芸ネタが多い
こと。

ちなみに今回も園芸ネタです。

タイトルのとおりです。
山採りのヤマモミジを、来年の植替えに向けて
元気をつけてやるべく養生します。

P9190051.jpg
まずは職場の近くの山で採ってきたヤマモミジの新芽。
コレをメネデールの希釈液を吸わせて準備。

P9190052.jpg
次に鉢の準備。小さい新芽なので、ハゼの寄せ植えの
苗の入っていたプラスチックの鉢を使います。
火山レキでゴロ土を入れます。

ゴロ土が隠れるようウッスラ用土を入れて鉢は準備完了。

P9190053.jpg
今度は根の準備。山採りなので、私の場合小さい鉢に
植えることを想定していることから、このままでは少々
使いづらい形に根が伸びています。

コレを

P9190055.jpg
アルミの針金で軽くクリップし曲げる。
細かい根を痛めないように気をつけます。

あとは鉢に植え付けて用土を入れ、串で突付いて根の間に
用土を詰める。(あまりに小さい木のため、割り箸でも太すぎる)
という作業を繰り返し、いい感じになったらコテつきピンセットの
コテ部分で用土を押さえつけて締める。

P9200056.jpg
で、↑出来上がり。
落ち着くまで2週間くらいは半日陰で
水を切らさないよう管理します。

枯れないで育ってくれればイイのですが。
来春に植え替えるのが楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。