上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このまえ思い出したパスタマシーン

思い出したらムラムラきてガマンできなくなる
アラフォーのオッサンとしては(笑)、さっそく
手打ちパスタに挑戦します...(^-^;

P9040434.jpg
デュラムセモリナ粉が手に入らなかったので、強力粉と
薄力粉のミックスで挑戦します。ホームベーカリーに
パスタ打ちの機能があったので使います。

・・・そうです。すでに「手打ち」じゃないですね(笑)

てことで、手打ちパスタ → 生パスタ に変更です (^-^;
幼稚園から帰ってきた弟チビが手伝ってくれます。

P9040442.jpg
分量計ったらホームベーカリーのスイッチオン。
弟チビがクギヅケになります。

P9040448.jpg
・・・と思ったら兄チビまで(笑)
いつもは彼等が寝てる間に動いてる機械なので、
面白いのでしょうかね?

P9040453.jpg
こね終わったタネに打ち粉をしてラップでくるみ、
1時間以上冷蔵庫で寝かせます。

P9040460.jpg
寝かせたタネを小分けにし、まずは延ばして打ち粉。
それを畳んで延ばして打ち粉、を繰り返して薄くしていきます。

イイ感じに延ばしたら打ち粉をして少し乾かし、、、

P9040472.jpg
切っていきます。

・・・乾燥が足りなかったのか、粘度が高く上手く切れません。。。

手際よくやらないと切れたのがまたくっついて
ニョッキみたくなってしまいます。なかなか難しいです。

P9040477.jpg
で、切ったのに打ち粉。とにかく、本当に打ち粉に
たくさん強力粉をつかいます。ここで粉をケチるとパスタが
くっついちゃうんだからしゃあないのですが。(笑)

P9040492.jpg
茹でます。今回はエビとキノコの
クリームパスタにしました。

P9040495.jpgP9040496.jpg
茹で上がりをソースとあえて
庭から採ってきたパセリを刻んだのを
散らして出来上がり。


・・・さて味はというと。。。








コレが意外とウマい!!b(^o^)





ここで今更ですが、生パスタ食べたのって実は
ワタシは初めてだったりします...(-_-;
だからコレが正しい生パスタの味なのかどうかは
まったくもって知りませんが(笑)とりあえず
家族の評判はよかったです。

いわゆるアルデンテってのとは真逆ですね。むしろ
細長いニョッキというかもっと言っちゃえば
「すいとん」というか(笑) モチモチしていました。
デュラムセモリナを使ったらどうなるのかなぁ。




そして食べた後には






P9040498.jpg
片付けが待っています(笑)


次やる時にはもっと研究して
段取りをよくしようと思います。
スポンサーサイト
2015.08.28 10円
ずいぶん古い話でアレですけども、久しぶりに思い出したので。

・・・

昨年の11月のことですが(古っ! ^-^;)、兄チビの小学校の
バザーに行って焼鳥やら野菜やらイロイロ買いました。

行った時間が終了間際だったことから、ありと
あらゆるモノが叩き売り状態。まぁ小学校のバザーだから
そもそもがスゴい値段なワケですが(笑)



、、、で。



雑貨ゾーンのセンセイと話をしててフと目についたグッズ。


「、、、センセイ。コレいくら?」と聞いたら
「あ!最後だから10円で良いですよ!」とのこと。


10円っすよ(笑)そりゃ買うでしょ。(^-^;


てことで買ってきたのがコレ。




IMG_5523.jpg
中古のパスタマシーンです。
(写真は昨年11月のモノ。写真の奥に
 何やらアヤシい遊びをしている二人が... 笑)


買ってきた時はもう少し汚れていましたが、
ソコは蘇生させるのが趣味のワタクシ(笑)
磨いたらだいぶ奇麗になりました♪



・・・重ねて言います。



10円っすよ(笑)



イイ買物でしたが、9ヶ月経ってもまだ使っていません。。。(-_-;


なので近々試運転してみようと思いますp(^-^)q
前回「ハンドルが割れた」ワタシの包丁。
(ヘンケルスプロフェッショナルSシリーズ
 シェフナイフ細身18cm)

ヘンケルスで修理してくれるということで
昨年12月の半ばくらいに送っていましたが、、、

PC286441.jpg
年内はムリだろうと思っていましたけど、年末に
送り返されてきました。

PC286443.jpg
梱包されて書類が同封されていました。

PC286453.jpg
アタリマエですがばっちりなおっています b(^-^)


で、早速持ってみたのですが、
PC286450.jpg
・・・なんだか、かなりの違和感を感じます。


PC286454.jpg
理由が分かりました。
ハンドルが太くなっていたのです。


・・・コレは実は理由が分かっていまして。

修理依頼に品物を発送した後、ヘンケルスの担当者の方から
電話がかかってきました。話の内容はざっくり言うと
①この包丁は海外生産で同じハンドルが無い。
②修理できなくはないが、会社にある積層素材を
 使用することから、全く同じものに直すことは出来ない。
とのことで、それでも修理していいか?との確認だったことから
二つ返事で「お願いします♪」と答えていたのです。


、、、で、帰ってきたのを持ってみたら太く、
「ちょっと重く」なっていたのと、それにより
重心の位置が手元側に移動していたことから
違和感を感じたのです。

PC286457.jpg
以前買ったツインセルマックスのシェフナイフ
比べてみると、ちょうど同じ太さくらいな感じ。

PC286469.jpg
積層素材なので、木目みたいな柄が
みてとれます。

PC286458.jpg
修理総額で5000円弱。
決して安くはないですけど、
なおっただけで満足。まぁ不満はありません。


道具のバランスが変わるってのは
正直言ってちょっと大きなマイナスイメージでしたが、
「まぁ、見た目カッコ良くなったし
 使ってくうちに手が慣れるだろ♪」と
かれこれ3週間くらい使っていたら、重さが
だいぶイイ感じに馴染んできました。

道具を育てなおしている感じです(^-^)
料理をしていて、
「なんだかイライラするなぁ」と
思って包丁を見たら、

PB265911.jpg
ハンドルが割れていた。

PB265913.jpg
わかりますかね?黒い樹脂部分の
ピンの部分にクラックとワレがあります。

思えばこの包丁。
大学生の時に一人で横浜の親戚の家を拠点に
東京めぐりに行ってきたときに、池袋の東急ハンズ
(当時は札幌にハンズがなかったので)で、
包丁についてのワケもわからずに選んだ
ヘンケルスのプロフェッショナルSシリーズ
シェフナイフ細身18cm
・・・だったかな?

その後かれこれ20年近く使ってきたんですねぇ。(^-^;



PB265916.jpg
さて話を戻してハンドルのワレ。
上から見るとよくわかりますけど、
割れて膨らんでいます。

PB265915.jpgPB265914.jpg
左右で片側だけ指が引っ掛かって、
違和感にイライラしていたのです。


てことで調べてみたところ、どうやらメーカーで
ハンドル修理をしてくれるとのこと。

一瞬NENOXの筋引を買おうか迷いましたけど、
完全に予算問題で不可能であったことから(笑)
修理依頼することとしました。
ウチのオクサマが欲しいとのことだったので
ホームベーカリー買ったのですが、焼きあがった
パンを切るとき、何かで貰った波刃の包丁で切っても
まぁ切れないのなんの。

しょーがないのでヘンケルスのシェフナイフで
切ったりしていましたけど、波刃が無い分ナイフの入る
「きっかけ」が無くて、軟らかい焼きたてのパンだと
若干つぶれたりしていました。



・・・ソコは道具フェチのワタクシ。
イロイロ探していたら、ビクトリノックスの
グランメートルのブレッドナイフがカッコイイなと
思いましたが、波刃の形状から砥ぎなおしが
出来なさそうで、かつ価格もアレなので断念。


「うーん、カッコイイのないかな~」と引き続き
探してたら、、、ありました!


タダフサのパン切り包丁です♪


P9041501.jpg
届きました♪

P9041502.jpg
開けていきます。

P9041504.jpg
開梱しました。
梱包材もカッコイイです。

P9041505.jpg
特徴的な波刃が刃先の一部にのみに
あるキレイなブレード形状です♪

このナイフを選んだのがこの刃の部分。
「自分で砥げる」のが理想だったのです。


P9041506.jpg
刃には刻印もあります。

P9041510.jpg
持ってみた感じのバランスもイイです。

P9041515.jpg
ウチの包丁とパチリ。

・・・ても今回の買い物は、
オクサマへのプレゼント。


「ふーん」って感じで見てましたけど、
喜んでくれているといいのですが。。。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。