上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年兄チビが学校教材で育てて
採取したアサガオのタネ。

今年に入って初夏くらいにプランターに植えて育てていました

P7223746.jpgP7223747.jpg
、、、それがこんなに育った。


アサガオですから、這わせる先を設定しないといけません。
オクサマと協議の結果、玄関のグリーンカーテンに挑戦してみる
ことにしました。(^-^)


P7223748.jpg
ネットを設営します。脚立を立てて、

P7223749.jpg
玄関前アプローチんトコにネットを固定します。

P7223751.jpg
地面側も置き石とかで適当に固定。
悪くない感じです♪

P7293820.jpgP7293821_201408171656473fe.jpg
さて、プランターで育てた苗を地植えして
ツルをネットに這わせます。



・・・一つわかったのは、アサガオのツルの伸びる時の
「這う先を探す回転方向は時計回りだった」ということ(笑)

最初に反対周りに設定していても
ちっとも巻き付かない感じです...(-o-;


P8043945.jpg
移植から数日後。
イイ感じでネットを遡上しています♪

P8093981.jpg
さらに後日、ついに咲きました。ワタシが仕事から
帰ってきたら弟チビが家から飛び出して走ってきて、
「おとーさん!アサガオ咲いたよ!」
案内してくれました(笑)

P8093984.jpg
満足げな弟チビです (^-^)

P8093986.jpg
単色ですけど、コレもまたイイですね♪


もっと伸びそうです b(^o^)
スポンサーサイト
玄関前の庭を昨年からつくり続けてきていました。

で、記事が遅くなってしまいましたけど
春先(6月の上旬くらい)に植栽をやりました。

P6051814.jpg
まずはこんな感じです。

実は植物の植える位置についてウチのオクサマとワタシで
意見がブツかり、しばらく保留になっていたのです(笑)



この場合どっちを貫いてもカドが立ってしまいます

そこで、






第3者(義母)に決めてもらう

というアラワザを用いて
植栽の位置を決定。

義母は花の先生で(資格アリ)、指示通りやると
ワタシもオクサマも納得。万事オーライとはこのことであります b(^-^)


P6051816.jpgP6111869.jpg
角度を変えるとこんな感じですね。

P6111880.jpg
たまたま貰えたサラサドウダンの株立ちが満開になりました。
サラサドウダンはしなやかで涼しげな枝ぶりと
花のキレイさとおまけに紅葉まで楽しめるお気に入り。

P6111873.jpg
こちらは白花のサラサドウダン。
シロバナフウリンツツジとかも言うのだそうです。
写真のとおり、こちらは花色が少し生成りがかっていて
すごく優しい花色です。

そのうち切った枝刺して苗つくって盆栽にしたいですね。
玄関前の庭をつくる。第8段です。
実は植栽について、妻とまッぷたつに意見が割れており
現在施工がストップ中。

そんな中「チャッチャとやってよ」と言われていた
お隣との境界についてチャッチャとやります。

P9100238.jpg
まずは手を入れる前。
写真では良くわかりませんが、左端の部分になります。

枕木の階段まわりも石だらけすぎて
アレなので今回ついでに手を加えました。
P9120255.jpg
こういう感じに、石をある程度どけて
かわりに防腐材を置いていくのです。

というわけで
P9120256.jpgP9120259.jpg
階段まわりはこんな感じにしました。
すこしフンイキ軽く出来たと思います。

で、本題のお隣との境界。
P9220333.jpg
施工前は↑こう。


やることは単純。土を掘って叩いて地盤を固め、
木を埋めて周りと上を叩いてしっかりときめる。
を繰り返す。

で、出来たのが↓コチラ。
P9280388.jpg
石が少ないので木が多めです。

P9280389.jpgP9280390.jpg
角度を変えるとこんな感じに見えます。
直線出すのメンドクサかったので、逆に少しランダムに
なるようにしました。

あとウチの犬走りのほうについて、
P9260349.jpg
ホームタンクだったりに回り込みやすいよう、
木のブロックをステップ状にしました。
P9280387.jpg
寄ってみると↑こう。
この選択も正解で、行き来するときに
100パーセントここを踏んでいきます。

オクサマの評価は「まずまず」といったところ。
まぁ手直しは簡単なので、トラブルがあってから
また考えるということで、ひとまず安心です。
玄関前の庭をつくる。第7段です。
火山岩を置きます。

今回も一応DIYを検討して、前もって石を採石場まで見に行きましたが、
「採石場の広大さ」と「その中からカッチョイイ石を見つけるタイヘンさ」、
さらに「見つけた石の運搬と設置」というワタシの腰痛と人手の無さを
考えたとき、わりとアッサリ断念に至りました(笑)

何度でも言います。

「土木はカネを払う価値がある」


P9100232.jpg
というわけで来た石組み屋さん。
・・・想定との石のデカさの違いにかなり戸惑った。。。

P9100236.jpg
設置にはやっぱユニックが無いとキツイのです。


さて今回は、石組み職人さんにあらかたの設置位置と
イメージについて伝えて、あとはプロにお任せにしてみた。
P9100233.jpgP9100235.jpg
いつもながらプロはまぁ早い早い。
石の正面を決め、場所によって向きと角度を考え、
場合によってはハンマーで軽く割って削り組んでいきます。


てな感じでものの3時間くらいで完了。できあがりは。。。



P9100239.jpgP9100241.jpg
こんな感じです。
ワタシ的には大満足。

P9100238.jpg
ただ↑この左の階段周りについては後日
ちょっとDIYで手直ししました。
それについてはまた今度記事でやります。


気になるオクサマの評価はというと、
仕事から帰宅するなり唖然としてしばらく眺め
発したひとこと。


「ウチは動物園か?」(やや怒)


。。。イメージより石がデカ過ぎ、計画より
印象が重過ぎるのが原因の様子。

かといってもう直すのはムリ。植栽でなんとか軽い雰囲気に
仕上げられるだろうか・・・

苦悩は続きます。
玄関前の庭をつくる。第6段です。
前回土留めについてソコソコやってたのですが、
どうしても人手が必要な局面に遭遇したので、友人
助っ人を依頼しました。

P9080205.jpg
さっそうと参上してくれた彼は、ワタシが木を段取っている間に
まずはバンバン穴を掘ってもらいます。

その上で土留め板の施工。二人がかりだとまぁ早い早い。
前回一人で上段の長尺木の土留め施工でチマチマやってたのに対し、
今回は押さえててもらって打ち付けていけるのでアッと言う間に
上段終了。アッと言う間すぎて写真撮ってません(笑)

次に下段に取り掛かります。
P9080206.jpg
友人に穴掘り器で穴を掘ってもらってる間に土留めの木を
ワタシがつくっていき、二人がかりで水平を確認しながら
穴に杭を打ち込み、、、

P9080207.jpg
その杭に下段用の土留めの木を打ちつける。

P9080208.jpg
板一枚だけ前後させてみた。雰囲気どうかなぁ~

さて午前の部の作業終了後は昼ゴハンついでに
市内の先輩の家の庭を二人で見に行った。
P9080209.jpgP9080210.jpg
。。。なんだか写真が良くない。。。
ホントはもっとカッコイイんですが。。。(-_-;
ところで施工的にはほぼ全部先輩がやったそうです。
いやぁ~タイシタもんだ。

先輩とちょっと話してから家にもどり、
P9080213.jpgP9080214.jpg
上段の土留めについて、板と杭が土圧で押されて倒れないように
玄関アプローチ側に控えを取った。まぁ気休めです。
いちおう後で石でも押さえるつもりです。


こんなかんじで土留めの板は終了。次は石材屋さんに
お願いしている石を入れてもらいます。


・・・ところでこういう作業的には二人いると、はかどりっぷりは
2倍ではなく5倍くらいのイメージ。ほんとうに助かりました。

また彼には何かお礼をせねば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。