2012.01.06 出張修理人
2年前、友人に頼まれてテレビボードをつくりました

家族以外の制作依頼が初めてで、しかも額が額のモノをつくること
だったからかなり緊張した記憶があります。

納品後目立ったトラブルが無かったようで
ホッとしていましたけど、先日
「ドアのスライド丁番がもげた」
とhelpの電話。素人とはいえさすがに頼まれてつくったものには
責任を持ちたい。というわけで保育所が年始休みだったことから
チビと一緒に修理に向かった。

P1053946.jpg
突き板のランバー(合板)部分に固定していたスライド丁番の
ネジ穴がバカになって効かなくなったらしい。

以前同内容を師匠に聞いたとき、充填材も無くはないですけど
強度を考えると埋め木の方が信頼性が高いとのこと。

P1053947.jpg
ですのでダボビットで10mmの穴をあけて
同径の丸棒にボンドを塗ってをクランプで押し込んで切り、
最終的にはノミでツライチにしてやる。


P1053948.jpg
あとはスミに合わせて台座を取り付け、

P1053951.jpg
修理完了。時間的には段取り含めてちょうど1時間くらいでしょうか。
作業だけなら多分40分もかかっていないと思う。


P1053950.jpg
強度的にはバッチリです。これでしばらく大丈夫。


・・・がしかし。
友人がチビにお年玉をくれてしまった。。。


これじゃ逆に申し訳ない。。。
スポンサーサイト
友人のテレビボードをつくる。第12段です。
今回で完成です。

PC260020.jpg
センターの桟扉にはめ込むガラスを切り出して、
フレームにはめこんでシブイチで固定します。

PC260018.jpg
あとはサンダーがけと塗装ですが、その前に割れ埋めを
オガクズと瞬間接着剤で埋めてやります。

ここからは友人の出番。
PC260021.jpg
ひたすらサンダーをかけ、

PC270024.jpg
塗装します。今回はオイルフィニッシュで仕上げました。
色がガラッとかわってイチバン嬉しい瞬間でもあります。

あとは中央の抽斗(ひきだし)と扉をつけて完成。
で、納品してきました。

PB140083.jpg
PB140084.jpg
いままではこんな感じだったのが
PC270025.jpg
PC270026.jpg
こうなりました。

幅180cm、高さ50cmくらいで、つくってるときは
「デカイなー」
と友人と二人で話していたけど、46インチのブラビア置いたら
ピッタリくらいかも。ていうかテレビでかいなぁ。

以上で完成です。


。。。が、年内納品にこだわって最後まくって仕事したら
中央の扉部分の仕上がりが非常に不満。(細部は撮っていません)

しかも納品して3日で天板が反ったらしい。 (;_;)

友人は「いいよいいよ」と言ってくれてますけど、本当に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。


反省が多い製作でした。。。(ガッカリ)
友人のテレビボードをつくる。第11段です。
箱型の脚・天板反り止め処理・棚ダボの加工を行います。

PC240006.jpg
まずは脚の部材。ツキ板の残りの部材の四方を各々
45度に切り、ボンドを塗ってベルトクランプで固定します。

PC260019.jpg
それをボックスの下面にビスで固定。
長手の部材なのでやはり反りが出ます。ですから
反りを修正しながら固定してやります。

PC270023.jpg
あとは床面保護などのために友人本人に
フェルトシートを貼る施工をしてもらいました。

PC180037.jpg
そのままのイキオイで、棚板受けのダボ加工を友人に
やってもらいます。下穴はワタシがあけて、ダボのメス側(?)を
友人が当て木をあててハンマーで打ち込んでいく。

PC180042.jpg
今回反り止めは吸い付きアリはやめて
(まだ加工に自身がないことから)
L字のスチール製のステーをビス止めして反り止めとした。
このサイド側を使って、下部ボックス部分と接合します。

師走にこんなことばっかりやって、妻に負担かかりまくりです。
年明けにはしばらく家庭サービスに徹することにします。(^-^;
友人のテレビボードをつくる。第10段です。
中央部の桟扉・抽斗(ひきだし)・扉の取っ手
の部材をつくります。

PC030009.jpg
桟扉の部材は、天板材の残りをバンドソーで挽いて
小樽の実家で製材してつくりました。

PC140019.jpg
取っ手の加工もしていきます。
楢の無垢板をつくり、ルーターテーブルに丸溝ビットを
セットして掘り込みました。

PC150025.jpg
それを加工し桟扉の部材に取り付けるのですけど、

PC270022.jpg
引っ張り方向に応力がかかるところです。
ボンドだけでも強度的にまぁ大丈夫でしょうが、それでも
念のため引っ張り方向に垂直にダボを打ち込みます。
コレでよほどの事がない限りココが取れることはないでしょう。
(壊れるときは他のトコになるハズ)

PC150023.jpg
桟扉の部材が出来ました。これに
ガラスをはめ込んで出来上がりです。

PC030005.jpg
あとは抽斗の部材を切り出し、

PC240008.jpg
ボンドを塗って組立て、クランプをあてて
固定しておきます。

部材が多いとその分だけ手間がかかるということ。
正直メンドクサイ部類に入りますけど、完成したものは
自分を満足させてくれますね。
友人のテレビボードをつくる。第9段です。
天板以外のボックス部分を組み立てます。


今回はツキ板をランバーコアに貼り付けたものを
指定サイズでカット&木口処理までしてもらったので、
ちょっとした加工をして、あとは組み立てるだけ。

TS3Q0033.jpg
しかも今回知合いにジョイントカッターを借りたのですが
コレが大正解。ラクなんてモンじゃない。

今度絶対買います。

さて今回も前回同様ボンドがらみの作業のため
段取り・スピード勝負。ゆえに途中の写真はありません。

TS3Q0035.jpg
TS3Q0036.jpg
で、組みあがった写真はコチラ。

TS3Q0038.jpg
翌朝はこうでした。楢もキレイでイイですね。

あとは抽斗と扉と天板の加工です。
そろそろ飽きてきたなぁ。(笑)