前回の続きです。今回で一気に仕上げます。

まずは引き出しから。(抽斗とも書くらしい)

P9198677.jpg
桐の集成財で作っておいた内部の部分の表面に
仮留め用の両面テープを貼って、面材を貼り付けて固定します。

P9198679.jpg
ビス留めように下穴を穿ちますが、深くなりすぎないように
マスキングテープで深さを決めて、ドンドン穿っていきます。

P9198683.jpg
穿った下穴に、ステンレスのタッピングビスを打ち込んで固定。

P9198680.jpg
出来ました。

P9198681.jpg
寄ってみるとこんな感じ。イメージどおりです。

P9208663.jpg
滑り桟との微調整をして、引き出しは終了。


次は背面の有孔ボードと棚板の塗装です。

P9228663.jpg

P9228665.jpg
とは言っても、難しいことはナンもなし。薄く、何回にも分けて
まんべんなくスプレーで塗っていくだけです。

P9228672.jpg
入りました。実際はこのあとで、配線用にセンターのパネルに
ホールソーで穴を開けました。

P9228677.jpg
前から見るとこんな感じ。

この段階で
P9228680.jpg
こういう状態です。ここまでくるとニヤニヤしてきます(笑)


で、最後に引き戸をつくります。

P9268664.jpg
ベニヤにファブリックを貼って、余計な部分をカットしていきます。

P9268668.jpg

P9268669.jpg
前もって作っておいた取っ手を、両面テープで仮留めして
裏からステンレスのビスで打ち込みます。
もちろん引き出しと同じように下穴を開けてですね。

P9268672.jpg
これで引き戸も完成。


で、チビが寝てから妻と夜中にガレージから家の中へチマチマと運びました。

なんせ重いので3個のビールケースを使い、
1 まず2個にテレビ台を置いてもう1個をテレビ台の幅だけ先に置く
        ↓
2 次にその1個のビールケースの上に、テレビ台の片側が来るように
  移動して置いて
        ↓
3 で最初置いていた余ったビールケースをテレビ台の幅だけ先に置いて・・・

を繰り返して運びました。ナニやってんだか(笑)

夜の写真はこんな感じです。
P9268679.jpg
オダユウジがタイヤ持ってる(笑)
P9268680.jpg

P9268681.jpg
満足であります。

翌朝仕事行く前に
P9278682.jpg
洗面台の下で遊んでいたチビに
P9278683.jpg
洗面台の下から出てきてもらって、テレビ台と一緒に撮りました。


P9278686.jpg

P9278687.jpg
思っていたよりも大きいサイズでした。
これでもサイズダウンしたのですけどね。

オヤジがデジカメ構えてると
P9278688.jpg
「そのおもちゃちょーだーい!」と突進してきます。




ゴールデンウイークにとっかかって5ヶ月少し。
なんとか雪が降る前に完成してホッとしています。


でもこの喪失感はナンだろう(笑)



まぁいいや。
とりあえず完成を祝って、今夜はバーボンです。
スポンサーサイト
前回の続き。忙しいながらもボチボチやってます。
サンダーがけをずっとやっていて、先日やっと完了。
今回は塗装とかをやりました。

まずは脚の裏に、フェルトを貼ります。
リビングに置いてから、引きずり出しやすいようにね。
なんせ重さが尋常じゃないので。
P9178663.jpg
ひっくり返して、脚の形に合わせて
フェルトのシートを切っていきます。

P9178666.jpg
で、貼り付けて終了。こんなのは早い。

このままリボスを塗っていきます。

というのは、なんせ異常に重く、ひっくり返すのも一苦労。
オクサマに手伝ってもらいひっくり返していますが、
なるたけ回数を減らさないと。

だから逆さにしてるときの工程をまとめて、フェルトを貼って
そのまま裏面の塗装に入れるようにしました。

P9178668.jpg
今回塗るのはこれ。リボスのオイルです。
家の木部の塗装を職場の先輩に手伝ってもらってやりましたが、
そのときの残りです。

P9178669.jpg
塗料カップに、スーパーのトーフとか入れる小さい袋を
かぶせて、そこにオイルを入れます。そうすると後が楽。
プロがやってるのをパクりました。

P9178670.jpg
スミッコだとかの塗りづらいところからいきます。
基本ですね。

で、ぶわーっと一気に裏面を塗ってふき取って(天板の裏も一応)、
裏面の塗装は終了。ここでオクサマを呼びひっくり返します。

P9178671.jpg
塗る前の天板です。この色はこの色で結構好きなのです。

P9178672.jpg
塗っていきます。濡れたような色で、手触りもしっとりした感じになります。

P9178673.jpg
塗ってふき取って、本体終了。この塗料の匂いは嫌いじゃない。

P9188676.jpg
あと引き出しの前面の板も塗ります。

最近の工作は、ずっと夜。
仕事から帰ってきて、妻にチビを任せて
チマチマ工作してます。二人に感謝です。

P9188675.jpg
翌朝仕事行く前にパチリ。やっぱりキレイ。
う~ん、満足。



もうすぐ出来るかなぁ。
前回のテレビ台をつくるのつづきをしています。

テレビ台についてはついに10件目の記事になってしまいました。
まったくいつになったら完成することやら。製作を始めてから
もうすでに5ヶ月くらいはかかっています。
ちなみにmixiで知り合った木工の師匠は、先日ハコモノのキャビネットを

まる4日

で造り上げたそうです。



まったくもって脱帽です。




がしかし、いくらシロウトとはいえ負けてばっかでは
いられんのであります。




というわけで、仕事から帰ってきてちょこっとチビと遊んで
晩御飯食べて、チビにも食べさせて、多少落ち着いてから
妻に頼み込んで時間をもらい、チマチマ工作やっています。

好きなように時間が取れないのは仕方の無いことですが、
時間を作りながらやるというのもそれなりにジュウジツしている
まいにちだったりします。


長い前置きを終えて、そろそろ今回の工程をば。

今回は天板・底板を側板とツライチに、そして細かい傷や
ダボの隙間をパテうめすることにしました。

まずはツライチ作業。
使うのはルーターとフラッシュトリムビットです。
P9108655.jpg
とりあえずルーターテーブルからルーターをはずして

P9108656.jpg
ビットをスパイラルからフラッシュトリムビットに交換。
ついでにルーターの回転数をビットの設定に合わせておきます。

で、削ればアッというま・・・
とイキたいところなのですけど、側板がある部分はそのまま
やれば簡単ですが、天板・底板ともに若干前方向に出ています。
(引き戸とかの関係で仕方ない)

P9108658.jpg
なのでガイド代わりの板をあててセット。

これにならってガリッと削ります。
P9108660.jpg
こんな感じですすんでいきます。
P9108659.jpg
寄ってみるとこんなかんじ。

P9108662.jpg
できました。道具ってスバラシイ。手じゃこうはデキナイ。
あとはサンダーで仕上げるのみ。


さて、お次はパテ埋め。

P8291158.jpg
前もって作っておいたオガクズを、ご飯と練っていきます。

P8291162.jpg
そして出来上がったものを盛る。
これが乾いたらノミで粗く削り、サンダーで仕上げます。

サンダーまで来たらあと少し。




ガンバるのであります。
前回のテレビ台をつくるの続きです。
ヒマを見つけて(というより妻の協力のおかげでなんとか)
チマチマやっています。

今回は引き戸とその他のパーツをやっています。
P8161144.jpg
まずはルーターテーブルにスパイラルビットをセットして

P8161145.jpg
ラワンのベニヤを削っていきます。

P8161148.jpg
ビットの高さとフェンスをセットして、2枚あるので
同じ箇所をやっていきます。この辺はセッティングだけ
シビアに頑張れば、作業はあっという間。段取り八分ってヤツです。


しかし油断は禁物。
テーブルソーとルーターテーブルは超危険グッズ。
趣味で指は飛ばしたくありません。


P8161149.jpg
で、2枚作りました。早速はめ込んで滑りを確かめます。


・・・案の定キツめなので(わざと)、実家の父に借りてきた
際カンナで微調整します。


で。

P8201144.jpg
入りました。

P8201145.jpg

P8201147.jpg
ココまで来ると結構嬉しいものです。

P8201148.jpg
軽々ではありませんけど、無理しないでちゃんと動きます。


いったんルーターテーブルをセットしたので、たまっていた
部材つくりをやっちゃいました。

残っているのは引き戸の取っ手です。角材は実家で木採って
きていたので、あとは削りだすのみ。
P8201160.jpg
ゴリゴリ行きます。

でも慎重に。

P8211144.jpg
こんな感じにビットとフェンスをセットして削ると

P8211145.jpg
こういうふうにできます。


あとは必要な長さに切り出して、ベニヤにファブリックを貼り付けてから
ビスで取り付けます。






でもサンディングの前に傷埋めしないと。






こーいうのに気づくと、気持ち的には3歩進んで
2歩下がってる感じです。




目標はゴールデンウィーク中に完成だったのですがねぇ。
前回のテレビ台をつくるのつづきです。
昨日チビの進入禁止の柵をつくった時に、ルーターテーブルを
セットしてやっちゃいました。

SN360027.jpg
ビットは1/2インチ(12.7mm)のスパイラルを使います。
最初からそのつもりで作ったため、滑り桟を12mmにしておきました。

SN360028.jpg
桐の集成材なので、サクサクいけます。
セットさえしちゃえば4個なんてあっという間。



SN360029.jpg

とは言うものの、糸面チリ(師匠に教わった言葉を使う←笑)とかを
取ったりして仕上げていくと、やっぱりそれなりに手間がかかる。


で、差し込んでみた。


SN360030.jpg
それっぽくなってきましたねぇ。


ゴールは近づいてますが、まだまだ先は長い。


半年がかりでいきます。