座卓のリフォームをやっている最中なのですが、
やらなければいけないことがある時って他のことが
気になるクチでして。。。orz

試験勉強前に掃除したくなる、みたいな(笑)


その流れで、前につくった食器棚の、その後ほったらかしていた
仕上げをやることにしました。

上部のガラス戸がカチャッと締まるように、
P1158532.jpg
扉側と、

P1158533.jpg
本体側の両方にドアキャッチの金物を付けます。

・・・と簡単に書いてますが、この手の
金物の位置合わせって本当にムズカシイ。

1ミリ以上位置が狂うとビシッと決まらないのです。


P1158534.jpg
ワタシの場合は両面テープで仮止めを繰り返しながら
なんとか成功。これで扉もガタガタしません♪



さて写真見てもわかると思いますけど、
この金物を取り付ける都合から、その作業性のために、
P1158536.jpg
こんな感じでマスキングテープで留めていただけで
背面の板は今まで固定していなかったのです。

それも金物が終わったのでシブイチ(細い棒材)で固定します。

P1158538.jpg
寸法に切った材に、あらかじめ下穴あけて
そこに細いステンの釘を軽く差し込んでおいて、
段取り終了。後はガンガン本体側に打ち込んでいきます。

P1158539.jpg
・・・を繰り返して完成。
ちなみに下部の背面板は艶消し黒、上部の
背面板はガラス越しに見えるから艶消し白。
目線の高い位置に黒が無いので、壁と連続
している感じで圧迫感を抑えられました。


この食器棚。製作段階では植物とか飾りたいなと
思っていましたが、結局のところチビーズの
作品ギャラリー
として目下活躍中です。(笑)
スポンサーサイト
2012.01.14 食器棚完成
食器棚をつくる。完成です。

まずは引き戸の取っ手。
P1114023.jpg
前回高すぎたのを少し切って低くした。

2階に置いて工作していたのをオクサマとワッセワッセと運ぶ。
このときばかりはとにかく重くて困る。
P1093979.jpgP1093981.jpg
置き場所にセットする前、チビーズが
引き戸の中に入って遊び始める。なるほど、2人入れるんだ。

P1093987.jpg
置き場所にセットしたら、今度はチビーズが
自らの作品の展示を始めた(笑)

P1093989.jpg
「どれ、こんな感じでいいかな?」って
ところでしょうか (^-^;

P1093992.jpg
「ポーズとって」と言ったらこんなポーズ。
なぜにオネェ系?

P1114009.jpgP1114002.jpg
そんなこんなで完了。ふむ。大満足です。

使い古された表現の「モダン和」のスタイルを目指して
デザインを考えた結果、ワタシなりに至った答えが

「全体的な高さを抑える」
「脚をつけて本体を少し浮かせる」
「縦の部材の厚さを抑える」
というポイントの以上3点。

「床に座る」という座面が低い生活スタイルを前提にすると、
家具全体も置くスペースが許すのならば「高さを抑えた」方が
より解放的な空間が得られると思います。ですからこの食器棚も
測ってはいないけど130cmくらいの高さしかない。

あと「脚をつけて浮かせる」のと「縦の部材を薄く」というのは、
デザインの重厚感を軽減する・よりスマートな印象を得るという
目的から到達した答えです。

いろんな家具をネットで探したり、何度もイメージを描いたりして
やっと見つけたことだけど、デザインのプロなら常識なんでしょうかね。



P1114003.jpgP1114008.jpg
リビングがグッと締まる感じがします。
5年かかってやっと家具が揃いました(笑)

P1114012.jpg
2回にわたる買い付けから始まって完成までまる2年。
でも構想からだと3年ってところですね。ハッキリ言って遅すぎ。

これからは写真とか盆栽とか飾ったり出来そうです。

P1114001.jpg
でもまぁレゴもオシャレでイイか。
しばらくはチビーズのギャラリーとして活躍であります。
食器棚をつくる。もう少しで完成です。
(実はとっくに完成しているのですが 笑)

今回は引き戸をつくります。

PC253766.jpg
テレビ台と同様にファブリックを貼っていきます。
(カッコ良くファブリックなんて言ってますが
 よーするにただの布)

PC253765.jpg
貼って

PC263769.jpg
切って

PC263770.jpg
端っこを処理して

PC263776.jpg
取っ手をつけて出来上がり。

PC263775.jpg
でも取っ手がデカすぎた。高さをつめます。
あけましておめでとうございます。
食器棚をつくります(なんのこっちゃ ^-^;)

まずは棚板のダボの施工。
PC283778.jpg
位置をきめたら、ダボ用のビットで
深くなりすぎないように穴をあける。

PC283779.jpg
ダボのメスネジ部品を用意。
叩きこみます。

PC283780.jpg
叩きこんだらこんな感じ。一応2段階で
高さを変えられるようにした。

PC283781.jpg
そこにオスネジ部品をねじ込んで。


で、棚板はというと。
もうメンドクサイのでホームセンターでシナランバーを買ったとき
寸法を言って切ってもらった(笑)いやぁ、パネルソーは
便利でイイですねぇ。
PC283783.jpg
あとはスプレーで塗装。ここはシッカリ自分で塗りました。
塗りは技術です。薄く何層にもなるようにシッカリと塗る。

ちなみに艶消し黒です。塗装後は結構黒い微粒子が落ちるので
ウェスでガッシガシ磨きます。かなり磨いてもまだ落ちる。

PC283784.jpg
引き戸が入る前はこんな感じです。
食器棚をつくる

年内に完成させるというダンコとした決意を持って
ボチボチつくっています。

今回はガラス戸をやっちゃいます。

PC163677.jpg
前回塗装した部材を用意して、ガラス板も手配。
ガラス板は近所のガラス屋さんから売ってもらってきた。

PC163678.jpg
ガラス板をはめ込み、シブイチを小釘で固定。
シブイチに一応下穴はあけてます。割れてもアレなので。

次は本体側をやります。

PC243736.jpg
まずはベルタステーの台座ビスの下穴をあけて

PC243738.jpg
ベルタステーを用意。

PC243740.jpg
説明書に従い、戸側の座金をチカラヅクで
引っこ抜いてからビスで本体側に固定する。

PC243741.jpg
戸側の用意。ドロップ丁番をビスで固定して、

PC243742.jpg
本体側にもビスで固定。

PC243743.jpg
あとはベルタステーの座金を戸側に取り付けて
座金と本体を接続。あとはスピードを調整して完了。

PC243744.jpg
背面板を取り付けたら見れない角度から撮影。

ベルタステーはスローダウンステーの中では
バツグンの美しさ。本当にイイ金物を見つけたなぁ。