これまでいろんなものをつくってきました。

あらためて自分でブログを見てみましたが、ちょっとまとめないと
キワメテ確認しづらい状況です。

というわけでジャンル別につくったものをまとめた記事を
つくることにしました。まぁ目次みたいなモンです。

で、今回。まず1個目は
「屋外のもの」
でいきます。

基本的に下からつくった順に並べていこうと思っていますが、
ワタシのメンドクサがりな性分から細かいとこでは順不同です。
また、記事の性格上、モノが増えたら追記していきます。

(※ H24.3.27に記事を追記しました)

P2294578.jpg
まずはごみステーション
いちばんカネのかかる防腐剤浸透材について、庭いじりのときに
たまたま知り合いの業者から廃材を貰えたことから、
その残りの材でつくったもの。
丁番・ステンビス・ネット・タイラップの費用で、持ち出し約1500円です。

PB023317.jpg
もらった材でチャッとつくった縁台への階段です。
材料費ゼロシリーズの作品でもあります。(笑)

P8080029.jpg
コレは盆栽台。物置をつくったときの端材でつくりました。
妻にも好評です。

P8120051.jpg
コレはカーポートの物入れ。これも物置をつくったときの
端材でつくりました。
性格的には「必要だからつくった」というよりも
「ゴミを減らす」ことの方が目的としては大きいのです。

P8030939.jpg
で、上記二つの副産物を産み出した物置
基本的にワタシと妻のクルマのタイヤを入れるのが
最初の目的でした。

P8130693.jpg
こちら↑は初代の盆栽台。水はけを良くするために
アルミのパンチングシートを使いましたけど、植物的に
下面からの反射光ってどうなのでしょう?あんまり良くないかも(笑)

P8100666.jpg
これは庭の柵です。当初フラットの形状でデザインしていましたが、
測量でレベル測ったら若干傾斜していることがわかり
苦肉の策で階段状にした。逆に表情が出てカッコイイかな、
と今では気に入っています。

P9290060.jpgP9290065.jpg
これは縁台の端材でつくった玄関アプローチの花台。
(記事を見つけられなかった。。。)
当時は、まだ盆栽やっていなかったですね。
義母の作ってくれた寄せ植えに深く感心した記憶があります。

P9240023.jpg
で、これが縁台。3分割でつくってあり、コの字にして
職場の同期と焼肉をするのに活躍しました。例によってコレの端材で
上の玄関アプローチの花台をつくりました。

P9250044.jpg
そしてイチバンの大物、ガレージです。
今思えばあの程度の知識と技術でよくつくれたなぁ、と
いう感じ。今ならもっと上手く、ラクにできるでしょうね。
まぁ技術的なことよりは「根気」のほうがタイヘンでした。
ブログアクセスの解析はしていませんけど、おそらくガレージドアの記事
ワタシのブログでイチバン人気なのではないでしょうか。


以上、ワタシがつくった屋外のものでした。
スポンサーサイト
これまでにつくったもの。
第2段は木工+αの趣味でつくったものです。
(※ H24.3.22に更新しました)


ちなみに順不同です。ご参考までに。


P1114012.jpg
食器棚です。材料買い付けから2年かかりました。。。

PA133025.jpg
これは加湿器でなく(アタリマエだ)その下のキャスター
コレは本当につくった価値があった。掃除機かけるのが楽なのなんのって。
さっさとつくればよかったです。

P4141373.jpg
キャニスターラックです。初めてメープル材を
使ってみたところ、色合い・木目が上品で気に入りました。


P1154092.jpg
家庭用溶接機での溶接にアタックしたハンガーラック
みてのとおり完全に木工の要素はありません。
検討の結果、結局コレで完成としました。

P3200207.jpg
フロアライトです。
チークの無垢材でつくってあり、質感は
高いんじゃないかなと思っています。

PC240009.jpg
これはテーブルタップボックス
アサダ薄板の端材でつくり、携帯電話の充電場所になっています。

PC270025.jpg
こちらは友人のテレビボード
ツキ板と無垢材を組み合わせたモノです。

PA050198.jpg
チビの手洗い用に作った踏み台
栗の無垢材で当時3歳の兄チビは相当重そうで、持ち運ぶときに
アチコチぶつけていた。家中キズだらけになっています(笑)。

P6070466.jpg
「無○良品の洗濯物入れ」のカバーです。
リビングからプラスチッキーなパーツが見えるのが
イヤだったのと、洗濯物を移動する時に妻とチビが
フローリングをゴリゴリ言わせて引きずっていたのでつくりました。

P5110367.jpg
小さい頃の兄チビが写っていてわかりづらいですが、
つくったものは積み木です。意外とコストがかかっていて、
原価だけで7千円くらいいってるんじゃないかなぁ。

P9268679.jpg
我が家のテレビボード
激重で大人の男2人でも相当キツイです。

PA040155.jpg
和スペースのブラケットライト
チークの色合いが気に入っています。

PB120422.jpg
ベッドはデザイン的には失敗ですね。
スネをぶつけてイタイの何の。
これもヘッドボードを再利用しつつつくり直すことを
検討中です。

P1230378.jpg
家の暖房用パネルに引っ掛けている洋服かけ
これはあるのとないのでは大違いなくらい活躍しています。

P1240351.jpg
カウンターチェアは、初めての溶接で奇跡的に
それなりのカタチにできた文字どおりミラクルの産物です。
ウチのオクサマは
「角が脚に刺さって痛い」
と椅子としてはマッタク使ってくれなく、ほとんど花置き場に(笑)

P1310385.jpg
これはアサダを削った飾り台の試作
シンプルなものほどシルエットのバランスが難しい代表例ですね。

P3250587.jpg
あとCDケースとかもつくってます。
ワタシが過去につくったものリスト。
オシマイは「ボツネタ」です。

過去にイロイロ挑戦しましたが、素人が試作品もつくらず
一発勝負でモノづくり。もちろん失敗も多いです。

あと試作段階・研究段階でワタシの性格の最大のポイントである
「あきっぽさ」の発揮により、
「試作品で検討していくうちに飽きる」という本末転倒な
結果にいたることも少なくありません。

そんなこんなで過去に記事にしていた、でもボツになったネタを
リストにしてみました。

P2240223.jpg
まずはフォトフレーム
コレは完全にボツでした。原因は部材の薄さ(薄すぎ)により、
このデザインでは強度が取れなかったこと。ようするにぶっ壊れた。
厚い部材を削ることはできても、薄いのを厚くすることは物理的に不可能です。

結局バラし、チークの薄板として再利用します。
ていうか今その作業も進行中。そのうち記事にします。

P2230499.jpg
コレは座椅子の試作品1号。その後こんなの、や
こんなのこんなのも試してみましたが、試作段階で飽きた
代表例でもあります。(結局買っちゃった 笑)

まぁボツネタリストといっても以上くらいです。
正直初期の頃と比較して相当自分のスキルが上がっていることから、
フォトフレーム以外最近失敗が少なくなってきた。

図面作成でCADとニラメッコし、構想段階でウンヶ月悩むので
出来上がりのバランスだとかはわりかし満足です。

こんなのでは職業としてはやっていけませんね(笑)
つくったものシリーズ。
第3段は盆栽・鉢植えです。

さっそくいきます。
(※ 2010年2月11日更新しました)

P2020154.jpg
ランタナの小品盆栽です。
器は大好きな札幌在住の作家さんである
橋本忍さんのものです。

PA170272.jpg
こちらは室内盆栽の実験台でつくった
ステレオスペルマムの盆栽
その後も元気で剪定なんかもしています。

PA050232.jpg
これはハゼの寄せ植え
鉢は富良野の備前焼の作家さんである
恒枝直豆さんの作品です。

P9130015.jpg
テキトーにつくった苔皿です。
ほんとうにテキトーにチャチャッとつくったわりには、お客さんに
イチバン評判がよくて、な~んとなくザンネンな気分になります(笑)

P7160828.jpg
この写真はアップでよくわかりませんが、
ミヤマキリシマの小品盆栽です。
大きさ的には手のひらのうえに乗ります。
器は札幌のギャラリー倫土の主宰である菊池絹枝さんの作品です。

P7110763.jpg
紅葉用の寄せ植えです。
植えているのはハゼ・フジブナ・ヤマモミジです。
鉢と皿はワタシの住んでる市内の太田生花店で購入。
ちなみにこんな感じに紅葉しました。
P7090735.jpg
これは職場の同期につくってやったハゼの盆栽
上の紅葉用の寄せ植えの記事と一緒です。

P5020340.jpgP5020345.jpg
こちらはフジザクラの「御殿場」とヤマモミジの「藍姫」
どちらもとてもキレイな花の色です。来シーズン苔を貼ろうかな。

P4100249.jpg
フジザクラの「日の出」です。
このへんも手乗りサイズです。

PB150994.jpg
これは記事を見つけられませんでした。
クリスマスツリーとゴールドクレストの鉢植えです。
初期の作品で、結局枯らしてしまいました。

P8170732.jpg
初期のハゼの寄せ植えです。
こうみるとハゼばっかつくってますね(笑)


P6150460.jpg
八重のコデマリの鉢植えです。
実はコレ。今現在我が家にはありません。
ごくごく初期の作品で、はっきり言って盆栽趣味について
ワケがわからない頃に苗を購入しテキトーにつくったものです。
その後イロイロ手入れをしながら育てていましたけど、だんだん
スキルが上がっていくうち、写真ではわかりづらいですが
いかんせん「そもそもの樹形が悪すぎる」ことから
手の打ちようがなくなっていき、結局昨春
「根元からバッサリ」切って、キレイな株立ちの仕立ての
実験を行いました。正直ダメモトでしたがコレが大成功。
キレイな放射状に育ってきて、今越冬中。
来シーズンあたり記事にしようと思っています。

以上、盆栽だとかの製作記録でした。