上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.29 JBL CHARGE2
ウチのサッカークラブのU12の冬場のトレーニングは、
いくら北海道でも有数の雪の少ないエリアとはいえ流石に
ピッチに雪が積もるので、屋内で実施しています。

屋内の冬季トレーニングにおいては監督の指示のもと、僕は全体の
コーディネーショントレーニングを主に担当しているのですが、
内容についてはワリと自由な裁量でやらせていただいています。

で、イロイロと勉強しながらやっていたのですけど、
調べていくとコーディネーショントレーニングには

ダンス

がとてもいいのだとか。




そのことも監督に伝えて了承を得て、もちろんダンスばっかりじゃ
ありませんけどもそれを織り交ぜながら実施していました。

・・・実はワタクシ、大学生の頃ダンスも少しだけかじっていた
(ハウスダンスがメイン)ので、その点では
まさかこんなところで
役立つとは思っていなかった

のですが(笑)、でも研究してみるとディフェンス時の
踏み替えだとかターン時の軸の安定だとかにおける
ステップワークの練習にも通じるところがあるので、
上手くつかえば本当にいい練習になるかなと思います。


、、、で。


いざダンスやろうとすると問題になるのが音響。

昨年はPCのアクティブスピーカーを使っていましたが、
いかんせんセッティングがメンドクサイのと
低音が小さすぎるという問題が。



・・・で、タイトルのJBL CHARGE2
Facebookやってたらハーマンカードンの広告で
アウトレットセールの情報が入ってきたので、検討の結果買った。
(今はCHARGE2+ってのが最新機種みたいです)


PB021959.jpg
届いた。

PB021960.jpg
さっそく開封。マニュアルがざっくりしすぎてて
ちょっと面喰いましたが、さほど操作は難しくないので
問題ない感じ。

PB021961.jpgPB021963.jpg
外観はごくごくシンプル。
当初はブラックかブルーが欲しかったのですけど、
JBLカラーのオレンジに近いレッド。ネットに載っていたカラーよりも
オレンジがかった色合いで実物の方が断然綺麗でカッコイイ。
完全に気に入りました。b(^-^)


でもちょっと困ったのが、
PB021962.jpg
ワタシのiPod nano じゃあケーブル接続しないとアレなこと。


PB021964.jpg
なのでiPhoneでもっぱらBluetoothでエイジングしています。


音は、他のBluetoothスピーカーをあまり聴いたことがないので
比較するのはアレな感じですけど、Boseのsound link miniよりは
自然な音の作りでJBLらしくてとても気に入っています。


実際のトレーニングにおいてはtr中に電話がかかってくると
困るので(笑)、やっぱりiPodかなぁと悩み中です。(^-^;
スポンサーサイト
だいぶまえに5.1chのサラウンド構築のために
サブウーファーを購入していました。

その後1階リビングのプラズマテレビで
シアターシステムを組んだのですが、
IMG_2464.jpg
ウーファーを吊り戸棚の下に組み込んだら、
チビーズのフットサルボールやらと一緒に
片付けられることに。。。

IMG_2465.jpg
いつもこんな感じで収納しています。

このままではいつか、ウーファーのコーンが
致命的ダメージを受けてしまいます。。。

なので防護措置をとらなきゃな〜 とココ何年か
ずっと思っていたので、この前ちょっと時間が
あった時につくることにしました。


IMG_2454.jpg
チャッと適当な図面を引いて、以前に
友人から貰ってあったカラマツ3層クロスパネルを
贅沢にも使うことにします。

IMG_2455.jpg
テーブルソーで寸法に合わせてバンバン切って、

IMG_2456.jpg
ザバッとサンダーで磨きます。


部材の接合はハッキリ言ってメンドクサイので(笑)
今回はビスケットジョイント+ビス留めにしました。
IMG_2457.jpg
てことで墨を打って、、、

IMG_2458.jpg
ビスケットジョイナーでガリッと彫って、、、

IMG_2459.jpg
ビス穴をダボビットでガリッと彫って、、、

IMG_2460.jpg
ビスケットを入れて組んで状態でクランプで固定し、
そこに木ネジを打ち込んで組み立ては完了。


このままだと部材のカドが立っていて
危険でアレですから、、、

IMG_2461.jpg
トリマーに面取りビットをセットして
ガリッと削ります。

IMG_2462.jpg
道具をセットしちゃえば、後は5分くらいで
カドを丸くするのは終わっちゃいます。

・・・道具ってスバラシイですね(笑)



あとは。

IMG_2467.jpg
基本ウーファーに乗っけることにしたので、ウーファーに
接するところに100円ショップで買ってきたスペーサー的な
のを貼付けます。

IMG_2471.jpg
4スミに貼付けて全行程終了。




完成です。早速ウーファーに設置してみます。




IMG_2472.jpg
んーむ。部材が厚過ぎたか。。。
ビジュアル的にはちょっと重たい印象ですね。(^-^;

IMG_2473.jpg
今回ダボ穴は敢えて塞ぎませんでした。
理由は、恐らく近い将来にバラすんだろうなと思った訳で(笑)

解体しやすくするというのも見込んだ選択です♪


IMG_2474.jpg
ボールやら置いてみた様子。
これでイチイチ心配しなくて良くなったので、
「つくって良かった〜♪」としか
言いようがアリマセン。



転ばぬ先の杖ってヤツですね♪ b(^-^)
2013.12.07 塗装で完了
リビングのテレビ用スピーカーのサラウンド計画。
以前の記事で配線を被覆していました。

木部の色が明るすぎてアレだったので
塗装して完成させてたのを今回は記事にします。

あ、この施工してからアキレス腱切ってます(笑)
ワタシの記事は、基本的に1週間から10日以上、ときには
2週間以上寝かせてからアップもしくはボツにしたりしてるので、
実情とはそれくらいタイムラグがあります。(^^;
一応参考までに。。。




PA301759.jpg
さて、塗装の前に。
この前打ち込んだ真鍮釘が短すぎて
部分的に固定が甘かったので、長い釘を
用意してバンバン打ち付けます。

PA301763.jpg
この梁の上はまたがりながら釘打ち。
落ちたらイタイ(2m以上ある)ので
ヒヤヒヤしながら施工します(笑)


で、釘打ちも終えたので、、、

PA301760.jpg
オイルフィニッシュで塗っていきます。
少しですがちゃんと色が変わっています。

PA301765.jpgPA301766.jpg
脚立持ってきて梁を塗っちゃいました。

クビが痛くなってシスティーナ礼拝堂の
フレスコを描いたミケランジェロの辛さが
すこーーーーーーーしだけわかった気がします (^-^;

PA301768.jpgPA301771.jpg
縦方向の部分も塗ります。
珪藻土の部分にオイルが付かないよう、
最高の集中力を動員しました(笑)


PA301769.jpg
塗装とは関係ありませんが、縦方向の
ケーブルの下部分はこんな感じです。

PA301772.jpg
塗装して若干色が落ち着きましたが、
当然ながらまだまだ木の色が合っていません。
こればっかりはしゃあないので気長に
日焼けするのを待つことにしましょう♪
2013.11.17 配線を隠す
前回設置が済んだリビングのサラウンドスピーカー。
イイ感じの臨場感で、イイ音に包まれる久しぶりの感触♪


いやー、映画って。ほんっっっとーにイイものですね〜♪


なんて言いつつ、あんまり映画は見ていません(笑)


ま、ソレはさておき。サテライトスピーカーは
「とりあえず設置」しただけなので、、、
PA291736.jpgPA291739.jpg
こんな感じで配線は露出。
かなーり気に入らない。


無粋なケーブルが視界に入るのが許せないワタシは、
早々に処理することを決心しました(^^;


DSCF0487.jpg
知り合いの工務店のゴミ箱を漁ったところ(笑)
たまたまカラマツ(?)の板材が大量にあったことから
ラッキー!!!と積算した長さ×1.2ぶんの材を持ち帰ります。




・・・なぜ×1.2か。




それはアレですね。過去のワタシの
数えきれないほど積み重ねた失敗に基づいて
計算の結果算出された安全率ってヤツです(笑)
(カツカツの材料だとミスった時に
 リカバリー不能に陥って、やたら
 時間ばっかかかるのです。。。)



DSCF0488.jpg
さて、もらってきた材はフローリング材のようで、
当然サネ(オスメスの加工)があったりします。

DSCF0491.jpgDSCF0490.jpg
このままでも良いのですけど、仕上がりをキレイにするため
メンドクサイですがテーブルソーでサネ部分を切り落とします。

DSCF0492.jpg
切り落とした部分です。経験則から言ってこんなのを
チビーズが見つけると間違いなく危険な遊びをします (^^;
早々に片付けます(笑)


製材後は、、、


DSCF0493.jpg
テーブルソーのセッティングを変えて
ケーブルを収める溝を加工。

DSCF0494.jpg
また材はこのままだと角が立って危ないですから
鉋で面取り(糸面チリ)をして、、

DSCF0495.jpg
サンダーかけて加工は完了。



部材加工を終えたので、ガレージにあった
真鍮釘で打ち付けて行きます。



まずは壁面のケーブルの立ち上がり。

PA291739.jpgPA301746.jpg
ビフォー→アフターです。

んーむ、スッキリ♪


つづいて梁の上。

PA291736.jpgPA301751.jpg
こちらもビフォー→アフター。

当然スッキリ。


PA301756.jpg
ちなみに曲がり角のオサマリはこんな感じ。
敢えて完璧に被覆はさせませんでした。
まぁいろんな理由があるのですけど、細かくは伏せます(^^;



目的を達成したのでこれで完成♪


・・・と言いたいところだったのですけど、
PA301746.jpgPA301747.jpg
PA301748.jpg
今回取り付けた材の色が既設の木材と
比較して白すぎるのが気になる。


なので、オイル塗装することを決めて
この日も終了。


PA301753.jpg
オクサマが新聞を読んでいます(^^)

次回の塗装で完了です♪
サラウンドスピーカーのブラケットをつくりました

なのでリビングに設置します。(^-^)

PA171679.jpg
設置に伴って図面と手持ちのケーブルとを
検討した結果、長さが足りないことが判明。

外観をスッキリさせるため角パイプ内を配線を通すことから、
オーディオテクニカの細いケーブルを選択することにしました。
近所のケーズデンキで購入してきます。

PA171680.jpg
角パイプ内部に、ケーブルをとおすために
リード用のアルミ針金を使うことにしました。

そうです。盆栽用の針金です(笑)

PA171681.jpg
リビングで作業をやっていたところ、
幼稚園が休みだった弟チビが近くで遊びます(笑)

PA171684.jpg
てこずりながらもなんとかケーブルがとおりました。

PA171686.jpg
その間ワタシに「ちょっと待っててね」と
遊んでもらえない弟チビは若干不満そう。。。(^^;


なのでここからはスピードアップします。

PA171689.jpg
BOSEの33werに結線して、

PA171688.jpg
まずはブラケットのみを梁に固定。


・・・しようかと考えたのですけど、
結局ブラケットにスピーカー取り付けてから
梁に固定した方がやりやすかったです。



で、、、



PA171690.jpgPA171692.jpg
設置した画像はこんな感じ。


結局この日は他の用もあったことからもう1本のスピーカーの
設置は間に合わず、日を跨ぐことに。



そして後日。

PA181711.jpg
幼稚園に行く前の弟チビがレゴで遊び、
行ってらっしゃーい♪と送り出してから
続きの施工。

PA181722.jpg
設置完了です。


早速AVアンプを起動してセッティングし、
鳴らしてみてみたところ、、、

なかなかイイ感じです♪
設置位置が高すぎるかなとも思いましたけど、
広がりとしては申し分アリマセン。
プロの視点とかだと突っ込みどころ満載だと
思いますが。。。(笑)


でもこのままでは梁の上はむき出しの配線が
乗っかっているだけで、何とも気に入らない。
(画像は後日)

次回手を打つことにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。