上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずいぶん前にタイシた考えも無しに
勝手につくったゴミステーション

この前の冬にもちょっとした修理をしたりしていました。

しかし改めて考えてみれば、市の土地(道路?)に
勝手にモノをつくって設置したわけで。そりゃ
フツウ怒られるかもと思ってましたが、、、

その後、機会があった時に町会長やらと話をしてたら
「ぜんぜんオッケー。市にはオレから言っとく」との
タノモシイお言葉 (^-^;

オスミツキもらったので胸張って
公園に放置していたのですけど、このまえオクサマから

「ネットがやぶれて、ドアも
 なんだか引っかかり気味。サッサとなおして」

との修繕命令。


勝手につくって勝手に置いた手前(笑)、さすがに直す
責任もあろうかということで言われたとおりサッサと直します。


PC208318.jpg
おお、なるほど。樹脂ネットが破れてます。

でもよく見たらまだネットは使えそうだったので、
古いタイラップをニッパーで切って除去して
新しい耐候性タイラップでチャチャッと直す。

PC208319.jpg
10分くらいで出来上がり。
張り替えよかラクでイイですね。


あと扉の丁番のネジが若干緩んで
扉が下がっていた。。。ので、ネジを締めなおして
PC208320.jpg
扉の引っかかりもアッサリなおる。



「よーし、なおった~♪」

と、ブログ用の写真を撮っていたら近所のオネーサンが
「おはよーございまーす♪」と、とおり過ぎて行った。



こちらも「あ、どーも。おはようございまーす (^-^)/」と
アイサツしたが、ちょっと冷静に考えてそのシチュエーションは

朝っぱらから満足げな表情で
ゴミステーションをパチパチ
写真撮ってる37歳のゴツいオヤジ。




「コイツどんだけゴミステフェチのヘンタイだ?」
映ったに違いない。。。orz


前回もそうだけど、ゴミステーションの写真撮ってると
その姿って結構周りから見られる傾向があるようで。(笑)





でも我ながら結構カッコイイと思うんだけどな~♪



・・・と思う結局ホントにゴミステフェチなワタシでした (^-^;
スポンサーサイト
先月、職場でワタシが
「強制ワイセツで逮捕されたメンドクサイ後輩」に巻き込まれた
トラブルについて記事にしました。

その後、管理職にスジをとおすため
話を持っていっていました。


まず最初に双方呼び出されて管理職6人に囲まれて聴取
(とは名ばかりのワタシに対する「吊るし上げ尋問」)を
された際、強制ワイセツ犯の彼は
「○○(ワタシの名前)にされたなんて言って無い。
 証拠も無いのに言うわけない」
と完全にシラを切った。
(今も聴取時の録音データを持っているので間違いアリマセン)

でも前もってワタシが証言者を固めていたことから結局ウラを取られて、
本件の直接担当者になった管理職の方が再度彼に問いただしたところ、、、

「○○(ワタシ)にやられたと言ってしまった」
その証言が180度変わったそうな。(笑)


しかも驚いたのは彼の言っている
「ワタシにやられたという車の傷」そのもの
確認したのは彼一人だけ
らしい。





・・・つまり、




 コロッと証言の変わる
 『その発言の信憑性』が疑わしい
 ワタシに悪意を持っている彼
しか、その
 『ワタシにつけられた』という『車の傷』を
 確認していない


ということです。

フツウ自分が2回も器物損壊やられて、その犯人にメボシがついてる
ってんなら、ダメモトでもケーサツに届けると思いますけど。。。?

ただ、この点については憶測の範囲なので
まぁ多くを語ることは控えましょう(笑)


で、本人も発言(ワタシにやられたと言ったこと)を認め、
その上で「ワタシに謝罪したい」と言っていると担当管理職から
伝えられましたが、丁重にハッキリとお断りしました。

もしうっかりカタチだけの謝罪なんて受けちゃった日にゃぁ、
逆に彼に「もう謝罪はした」という武器を与えてしまうことになり、
それこそ後日に何かあったら
「○○(ワタシ)の野郎、アイツ(強制ワイセツ犯)が
 謝ったってのに、まだ許してやんねーのか」
となるに決まっています。実際それくらいシタタカなヤツだと
警戒せざるを得ないくらい計算高い姑息な相手です。


ですから、
「謝罪なんて当初から希望していないので
 処分をしてください」と
管理職にお願いしていました。




その結果として先週、職場内の処分の結論が出て
双方厳重注意でした。

上司からの説明によると、理由は
1 相手側は、2度にわたり事実に基づかない理由でワタシを器物損壊犯だと
  吹聴し、ワタシの名誉を傷つけ、職場内に混乱をもたらした。
2 ワタシ側は、2年前から彼を無視する等の彼へのパワハラを認定。
 (管理職曰く「適切ではない行為があった」)

・・・てことみたいっす。





これは、ある程度想定の範囲内の処分。
だって管理職の上部(トップと一部を除く・・・のか?)は
完全に強制ワイセツ犯側ですからねぇ。その管理職は
これ見よがしにワタシだけを吊るし上げた尋問してきましたしね。
(パワハラ行為をなんとかワタシの口から吐かせようと
 そのことばっかり執拗に執拗に追及してきましたから。
 これもバッチリ全部録音してますが。)

強制ワイセツで逮捕された彼が、
ワタシに嫌悪感を示されたことにより精神的にかなり厳しい状態に
なってしまい、「精神疾患で休んだ」ことが決定打のようだ。

ていうか僕にしては彼が「同僚に嫌悪感を示される覚悟」すらも
持たないで職場復帰してきたことの方が、なんとも
開いた口が塞がらないですね。

彼は自分のやったこと(逮捕されて職場の社会的信用を破壊したこと)の
デカさと、それによって同僚にどんだけ迷惑かけたかってコトを
少しは考えたことがあるんでしょうか。
当時は職員の管理を担当する部局に抗議が殺到し、
彼らはその対応にかなりの負担を強いられていたんですよ?

・・・と書いてて思い出した。
もう聞きたくもない彼の言動(笑)を伝聞で聞いていると、彼は今では
「事件をまったく反省していない」と見られる行動を取っており、また
「自分は被害者だ」と思っているフシが強い。
客観的に彼の言動の話を聞いていて「こりゃ2回目もあり得るかもな」と
心配すらしてしまいます。もちろん彼はもうどーでもいいですが(笑)
職場がまた迷惑こうむる事にですよ。

まあ「そーいうヤローなんだな」と思えば割り切れるか。
ただこっちを攻撃してくるってのなら徹底的に
やってやる必要がありそうですけどね。


むしろ救いがないのは、いかにルールどおりとはいえ、
「そもそも強制ワイセツで逮捕されて職場に
 甚大な迷惑をかけたヤツが、復帰後わきまえていない態度を示し
 それに対して先輩が嫌悪感を示すコト」
がイカンのらしいということ。そこまで強制ワイセツ犯に
こっちが譲歩してやらにゃならんのだそうです。



ところで今回の処分については、ワタシは異論はありません。
他の上司はともかく、特に今回の案件の処理について担当して
くださった管理職の方は、他の案件等でお忙しい中にも関わらず
ワタシごときが騒いでいることなんぞに対して、誇張ではなく
まさしく尽力していただきましたし、熱意のあるお話にも
とても感銘を受けました。(ワタシはアツい人が好きなので 笑)

また「管理職」という立場上、「部下」の二人が
「強制ワイセツ犯とそうで無い者」であっても、
双方を客観的な事実に基づき、その上で公平に扱わなければ
ならないという基本的なルールは「まぁそりゃそうでしょうね」と
シンプルに理解できることです。
(ルールは理解はできても出た処分に
 完全に納得まではできませんが。。。)



てことで職場内での戦いのラウンドは終了しました。


ただ職場内で出された処分が自分の納得のいかない結末で
終わらざるを得なかった以上、必然的にその戦いの場を
今度は職場外に移行するかどうか、その手段等についても
どーしよっかな~とイロイロと思案中です。

こっちは退職する覚悟ならとっくに出来てますからね。
完全に覚悟を決めて退職の意思を表明したら、思いもよらず
各方面から怒涛の慰留を受けて「今回は」辞めるのやめましたが(笑)
本気でハラくくっちゃったら圧力なんて気にならないんす。
(※ 前の記事掲載した時、ドコでこのブログ知ったんだか知りませんけど
   休みの日に家族もいるのに電話で上司から「記事を削除しろ」と
   しつこくしつこく圧力をかけられ、あんまりメンドクサイので
   「わかりました」と答えて何時間か非公開にして
   再度公開した経緯があります。そんな命令従いません。
   このブログはワタシに残された数少ない広報手段であり、
   今回も削除しません。メンドクサイので先に言っておきます )


でもストレスは相当あります。
体重落ちたし酒量は増えたし
吹き出物は出てくるし髪の毛は薄くなるし(薄毛は関係ない? 笑)

まぁ味方してくれる仲間も声を上げてくれているというのが
今回はせめてもの救いになってくれています。




こんな欠点だらけのワタシに、本当にありがたい話です。




あぁ~ 暑いのにホントめんどくさい! (笑)
今回の記事はワタシの職場でのトラブルのハッキリ言って
相当クダラナイ話なので、関心のない方は読まないことをおすすめします。

今のワタシの職場(部署はちがいます)には、
かなりメンドクサイ後輩が居ます。

彼は以前に強制ワイセツの罪で逮捕され、でも
相手方と示談が成立したらしく刑事的には不起訴になって、
職場では短い期間停職となり、その後職場復帰してきました。


少なくとも職場・同僚の名誉に多大なる損害をかけたわけで、
ワタシも仕事時に相手方からその件でイヤミを言われたりで
「オレが悪いわけでないのに、なんでヤツのせいで
 こんなこと言われなきゃならんのだ」と思ったこともあり、
加えて彼の復職後の態度が改まっていないこともあって
「オマエ自分の立場どう思ってるんだ?」と
呼び出して説教しました。

しかしその時、彼はワタシに
「立場ってなんすか!怒」と逆ギレし、さらに話をしている間
終始ワタシに対してフテくされた態度をとりました。。。


完全にナメくさった態度で来やがったので一瞬ブン殴って
やろうかとも思いましたが、同時にアホらしくなって
「もうコイツにナニ言っても無駄だな」と思って、
今後は距離を取ろう、関わらないでおこう、と思いました。


ですがその直後。人づてに聞いたのでアレですけど、
彼は車に傷をつけられたらしく、その彼は職場内で
「アイツ(ワタシのこと)がやった」と吹聴していたそうです。

さすがにカチンとはきました。しかしワタシがその事を
かなり事後に聞いた(たぶん周囲が相当気を使ってくれていたの
だと思います)ことと、尊敬する先輩がワタシの家に駆けつけて
「なんとか頼む」とワタシなんぞにアタマを下げたという
コトもあり、当時は大人の対応として放っておきました。


その後彼は精神疾患を訴えて仕事を少し休んだようですが、
なんとか復帰しました。


もうこの時点でかなりメンドクサイですね。(笑)


以上が2年前の話です。
それからワタシは、当時彼らを擁護し、現在も擁護している(組合みたいな)団体を
脱退して、とにかく関わらないようにしていました。
(まぁ団体を抜けたことに関してはコレだけが理由ではありませんが、
 お世話になった団体でもありますし、彼らの名誉もあるので
 ここでは割愛します)


それが先月になって、また彼(強制ワイセツで逮捕されてワタシのコトを
グダグダ言ってるヤツ)の車に傷がつけられたそうで、これまた
ワタシにやられたと言っているのだとか。



ところで一言だけ断言しますが、ワタシはやってないです。

・・・てかこんなこと言わされるだけでムカつく。(怒)
そもそも加害者の分際でなにを被害者面してるんでしょうか。

でも2年前の前回、彼のワタシに対するネガティブキャンペーンが
モロに功を奏したらしく、残念ながら職場でも私がやったと思った
人間がかなり多かったようです。実際に上の人から面と向かって
「てめぇがヤッたんだろ!」と罵倒されたこともありました。
(その上の人は後日「言い過ぎた すまなかった」と直接謝罪して
 くださったのでワタシも今では気にしておりません。
 ま、そーいうこともあったよ、ってことで。。。)

なんせ管理職がみんなワタシがいじめてると思ってるらしいのです。

確かに状況証拠が揃っているっちゃあ揃ってるのかもしれませんが、
「職場内で強制ワイセツ犯より自分の方が
 ココまで信用されていない」

って事実には、むしろ多大なる精神的ダメージを受けています。

(しかし前回彼が吹聴しているときに、ただ一人ワタシの同期の友人が
 ワタシを擁護してくれたらしいです・・・ 
 逆にワタシなんぞを擁護すると立場が悪くなるだろうに。
 本当にありがたい同僚・友人を持ったと思います)


また信用の問題だけではありません。

ワタシは昨年職場内の昇任試験に合格していたのにも関わらず、
今年度の昇任を見送られました。試験合格者が昇任しないケースは
今まで一度も無かったので、この件が影響を及ぼしている可能性が
かなり高いことが想像されます。



というワケで、ここまで見事にケンカを売られて黙っていられるほど、
残念ながらワタシは人格ができておらず、我慢の限界に達しました。


以上のことから今回、まずは「前回大人の対応として黙っていて
完全に失敗した経験」を踏まえて(笑)上司へ正規のルートをとおして
まずすべての経緯を報告し、対処を求めて行動を始めました。


また家族の名誉にかかわる問題でもあるので、
妻の了解も得て法的措置も準備にとりかかっています。

まぁケンカするからには勝たなければ意味がないですからね。
(つまり、勝てる算段が高くないとこんな記事は書きません。
 足場固めてから勝負するワタシも、確かに相当小汚いかもしれませんねぇ 笑)


まぁ相手が気の毒な点もすこーーーーーしだけ無いわけでもないですけど、
性犯罪者の後輩なんぞにここまでナメられて
ケンカを売られてきた以上、そりゃオヤジはいいかげん
ハラくくって闘うのですよ。


でもコレでもうこの先ワタシの昇任は無いでしょうね。
甲斐性のナイ亭主で、オクサマにはホント申し訳ない。。。

ま、しゃあないわ。
残念ながらもうそんな次元の問題ではナイ。



・・・ホントくっだらなくてイヤな記事だなぁ。
スイマセンでした。m(_ _)m

だから関心ナイ人読まないでって言ったのに。(笑)
2011.03.12 日本人の底力
震災。

被災されている方々には
心よりお見舞い申し上げます。

北海道からですが、こんなワタシにも可能な
援助方法を思案します。





ところで発災翌日あたりのテレビの報道を見ていて
一つ気になった場面がありました。


その場面は、被災された方々が食べ物・飲み物等を求めて
財布片手にコンビニに列をつくっているところ。





他国を悪く言うつもりはありません。ただ純粋に、アタマによぎったのは




「他の国の震災では略奪が起きてたよなぁ」と。



以前の他国の同様の災害の際、避難所でレイプがあったとかも聞いたことがある。





ワタシの以前の記事では
「ニッポンはまだまだ捨てたもんじゃないと思う」と
書きましたけど、改めて世界に誇れるのはこういうところなんだと。


ただ発生当日、最初の報道を見てワタシもショックを受けていたところに
「グッ」ときて目頭が熱くなったのは、確か最初に他国の援助の申し出で
「タイから1500万円の無償援助申請」というのがあったとき。

もちろん韓国・アメリカ等の援助も言うまでもない。
つくづく、こういうのは金額の問題ではないんだなぁ、と実感。






さて、日本人の底力を見せるのは今だと思います。


救助活動。復興。


一人一人の力なんてささやかです。

でも日本人はできる。

きっとできる。



じゃぁ個人で何ができるか?

捜索・救助に関しては、現地に向かうのもアリかもしれないけど、
いまプロが集まってます。国内外からプロが結集しています。

被災された方は「復旧」で精一杯でしょう。もちろん捜索も。



だとしたら被災してないウチらは・・・?

いろいろ考えたけど、必死に働く。それしか無いんじゃないか。

復旧で精一杯の方々の分も働いて、多少のお金でも送金する。
それらは絶対に価値があるはず。






たまたまテレビを見ていて、スゴいお年寄りの報道を見た。
コチラにアップされていました)



スイマセンでした、お詫びします。ワタシは今まで
日本のお年寄りにあまりイイ印象を持っていませんでした。

考え方を完全に改めます。
こういう先人達がいたから、今の日本があるのでしょう。
ワタシもそのトシになって同じ状況で笑顔で同じ台詞が言えるように
自分を磨きたいと思います。


先人たちに負けないで、というと変ですね。
引き継いでいく、っていうことが重要なのかな。
ナショナリズムを煽るのはキライですが、それが日本人ってヤツなんでしょう。
ネバーギブアップってことです。





この状況で、モロに津波を喰らって
ほとんど全てを失ったであろうお年寄りが
「またやろうぜ」と言っている。






ていうか報道はこういうのを前面に出して欲しい。






・・・






さて、コレが日本人の底力です。




暗い報道が多い中・壊滅的被害の中でも、
群集心理に流された略奪をしない日本人。


その力を結集して、世界に目にもの見せてやりましょう。
今年もこの季節がやってきた。

昨年のホワイトデーを踏まえて
バカの一つ覚え
で今年もピエール・マルコリーニでいきました。

今年は早めに気が付いて発注できたため、
昨年売り切れてて買えなかったホワイトデー限定の
「トリュフシャンパーニュ ボックス」を、
職場の同期と通販で購入した。

ML_TS3Q0051.jpg
箱もかわいいですね。


で、オクサマの反応はというと


「また高いの買ったの?ふ~ん」

と昨年同様微妙。(笑)
ていうか想像どおりの反応でむしろ笑ってしまった。

3分の1コくらいワタシも食べてみましたけど、確かにウマイ。
でもかなりシャンパンが強くて子どもにはあげられませんね。


よろこんでくれてるといいのですけどねぇ。

ハラん中じゃどう思ってるんだかな~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。